先輩紹介

実は私、人見知りなんです(笑) 
でも学生時代から飲食店やコンビニで接客のアルバイトをしていて、
なんとなく「接客が自分に合ってるな~」と感じ、
なかでも居酒屋は元気で楽しそう!と思い、興味を持ちました。
でも最初は、自分の親世代のお客様が中心なので共通の話題もないし、
人見知りだし…で自分からは話をふれず、聞き役に徹していました。
それでもお客様は仕事のこと、趣味のことといろいろ話してくださって、
相づちを打ちながら笑顔で聞くだけで
「ありがとね」「いっぱい話を聞いてもらえて嬉しかった」
なんて言葉をいただきました。
私自身も、知らなかった話をどんどん吸収できて楽しいです。

慣れてきてからは、常連さんに自分から話しかけられるようになり、
もっと会話が深まりました。
そこから「この前旅行先で飲んだ、このお酒がおいしかった」
「生でも食べられるとうもろこしがあるんだって」なんて、
会話中にふと出た話が気になるように。
あとで調べ、店長に頼んで仕入れてもらい、
「お店に入りましたよ」と手紙でお知らせしています。
「よく覚えてたね!」と喜んでいただけるのが嬉しくて。
食材以外にも、希望があればメニューにない料理も提供できるし、
マニュアル通りじゃなく、お客様の想いに合わせて
柔軟なおもてなしができる自由さがいいな、って思います。
今はそんな日々が楽しいので、
5年先、10年先にどうなりたいとかはないですね。
こうしなきゃいけない、なんてプレッシャーに悩むこともないし、
なりたい将来像が見つかるまでは、

トップ